私の転職体験記3 外資系メーカーへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、テッドです。
このブログは、転職と英語によって実際に年収アップに成功した私が、その体験や方法について公開していきます。

今回は、これから転職しようかと悩んでいる方、転職を決意したけどどのような方法で転職しようか悩んでいる方に読んでいただきたいと思います。
私が年収を1.5倍にすることに成功した転職の実体験を、一つの転職の例として知っていただければと思います。

転職の経緯

この時が私にとって3回目の転職です。
※1回目、2回目はこちら
私の転職体験記1 会計事務所へ
私の転職体験記2 金融系ベンチャーへ

金融系ベンチャーに10年以上勤めていた私は、20代から30代にかけて、社会人として大きく成長する時期をこの会社で過ごしてきました。
もちろん社内全体に渡って人間関係を築いており、経営企画部だった私は、どんな案件でも各部に一人は相談できる相手がいる状態でした。
転職するにあたって、長年に渡り築き上げてきたこの人間関係を捨てることは最も悩んだことの一つでした。この転職にあたって私が悩んだことはだいたい以下の通りです。

  1. これまで築いた人間関係を捨てること
  2. このままここにいれば昇格できるのではという期待
  3. 自分と共に成長してきた会社を好きになっていたこと
  4. いざというときに頼りにできる役員の存在

1つ目は上で挙げた通りですが、2つ目に関しては、創業から20年近く経って年功序列が染みついてきており、「あと何年いれば部長だな」のように、ある程度の成果を出していれば先が見通せるようになっていたことです。ただ、その先が長い。当時課長クラスだった私が部長になれるのには、おそらく10年待たねばならなかったでしょう。ただ、その時は見通せることが残るモチベーションとして働いていたのです。

3つ目は分かりやすいですね。愛社精神です。ただ、論理的でないため他のものと比較しにくく、転職を辞めるための言い訳に使いやすい厄介な面もあります。

4つ目は昇格には欠かせないものになります。目をかけてくれる役員です。ミスったときに守ってくれ、成功した時にはきちんと評価してくれる。これが有る無しでは組織の中で上に上がれるかが大きく変わります。転職は、その役員との関係も捨てることになります。(ただし、退職後もきちんとその関係をメンテナンスしていれば、いつかその会社に戻りたくなった時に引き戻してくれる存在になります)

それでも転職をした理由

  1. ここにいたら10年先だった部長待遇を約束された。
  2. 現職のビジネスの将来性に不安があった。
  3. かなり苦労して立ち上げた買収案件を反故にされた。

1つ目は大きいですね。冒頭に挙げた年収1.5倍です。部長の肩書も。そして1年後にはその上のクラスに上がり、給与もさらに2割増しが約束されました。理由は後述します。
2つ目は、創業から20年経過し、世の中が変化しても、その会社のビジネスモデルは大きく変えることができないものでした。だんだん今のビジネスの成長性が失われることが明確であったため、最も稼いでいる領域が守りに入っていくフェーズでした。やはり広がっていく業界、領域に身を置くほうが、何においてもチャンスは多いと思います。
3つ目は、会社がそんな状況でしたので、他国への進出も必要だと考えてカナダの買収案件をアメリカの友人を通じて見つけ、上司や社長に適宜確認しつつプロジェクトとして進めていました。実際に買収する直前まで行ったのですが、海外子会社はうまくコントロールできないということでその案件を中止するようにある役員から言われ、泣く泣くその案件を潰すことになったのです。誘われた先の話を聞くことにしたのはこれが決め手になりました。

では、一体どうして外資系メーカーのCさんは私を見つけて声をかけてくれたのでしょうか。

ヘッドハンティング

といっても大げさなものではなく、SNSの連絡でした。
ではなぜSNSで連絡が来たのか。
それは連絡をくれたCさんの求める人材像にピッタリだったからです。
Cさんの求める人材像

  • 金融業界でも私が経験してきた特定の領域をよく知っている
  • システムの経験もある
  • 英語ができる

そして、高額な報酬を出しても欲しいと思ってくれたのでした。
また、たまたまCさんと経歴のうちの1社が重なっていたことも印象を良くしてくれたようです。

では、このSNSとは何なのでしょうか。
それは、LinkedInという社会人のためのSNSです。
もしかしたら初めて聞く人の方が多いかもしれません。
日本ではあまり普及していませんが、海外ではかなり浸透しており、外資系企業は人事の採用担当にアカウントを持たせているケースも多いです。

気になった方はまず登録、でも良いですが、英語で登録した方がいろいろなオファーが届きやすいです。
私はこれまでも、外資系企業複数社からお声がけいただいていますが、どれも英語ができるからでした。

「なんだ、自分は英語できないから関係ない話だな」と思ったあなた。
私もそんな中の一人でした。
私のTOIEC450点から900点への英語力アップの方法についてはこちらを読んでください。
3か月で確実に英語力アップ 英語脳の作り方

さて、そんな形で生まれて初めてヘッドハンティングされた私。
選考プロセスは次のようなものでした。

選考~内定

面接というものは無く、2度の面談でチーム構成から部の担当業務、これからやりたいこと、なぜ私に来てほしいのか、などの説明を受けました。
選考というより、「こんなところだから来てほしい」というオファーでした。
私も転職したらそこの会社でやってみたいことがあったので、こういうことがやりたいのだができるか、ということを確認し、Cさんがプロジェクト化すると約束してくれたのでかなり前向きに考えていました。
そこで給与の金額も口頭で確認され、3度目の面談で人事の責任者から金額の確認がありました。
そんなやりとりをしている中、現職で昇格があり、年収が100万円ほど上がりました。私は言うだけ言ってみようかな、ということで、報酬を100万円上げてほしいと電話で伝えてみました(すでに十分上がっていたのに図々しい)。するとすんなりCさんは人事と交渉してくれ、120万円上がりました。もう即決でした。完全に報酬に目がくらんでいました・・。
そしてその後、希望した額での正式なオファーレターを受け取ったのです。
その時はそのオファーレターを眺めてニヤニヤしていました。

退職

散々辞めることを悩んでいましたが、提示された金額で一気にそんなものは吹き飛んでいました。
その時の上司はさっぱりしていたので、辞めることについて引き止めはありませんでした。
ただ、常に良くしていただいていた役員の方たちに引き止めていただいたのは本当に嬉しかったです。

その後、引き継ぎの書面を作成し、2か月間かけて丁寧に引継ぎを行った後、1か月の有休消化期間を経て退職しました。
最後の1か月は忘年会シーズンに重なったこともあり、忘年会と送別会でほぼ毎日が宴会でした。

実は退職後も2年くらいはこの会社が懐かしくてなかなか忘れられませんでした。ただ、この時は完全に金に目がくらんで浮かれていましたね・・。

そして、次の転職ストーリーへと続きます。

振り返り

良かった点

  • 年収アップ(1.5倍)
  • きれいに辞めた点

反省点

  • 次の会社の経営者について情報を得ていなかった
    =これが次の退職理由に・・
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*